【2021年3月】おすすめBL漫画感想

f:id:bliyashi:20210831092137p:plain


もう4月も後半ですが
3月に読んだ商業BL漫画 の感想です。

ネタバレはなるべくしないようにしてますが、
あらすじ+α 程度の情報はあるかもです。

2021年3月に読んだBL漫画の感想3選

小木カンヌ『報われない恋の占い方』


読めてよかったー!!と読後の満足度が非常に高かった作品。
ストーリーがすっごく好みで、読んだ後は幸福感に包まれました。

受けは、片想いをこじらせたゲイの占い師(黒髪の方)。
地味な感じなんだけど……なんか……ほうっておけない可愛さがある。
一重なところもイイ♥︎

攻めは、ノンケの友人。
ノンケとしてのアレコレを経験してきたからこそ、やっとわかる事がある。

表情の描かれ方がステキです。
ゆっくりじわじわと進んでいく恋愛を見守りたい方にオススメ。

小木カンヌ先生の前作『触れたとこからキモチいい』は、独特な空気で結構クセが強いと感じたんですけど、本作は空気感は残しつつお話はスッキリしていてすごく読みやすかったです。


報われない恋の占い方 【コミックシーモア限定特典付き】

小木カンヌ先生は、こちらのアンソロジーに収録されている『恋する杏仁豆腐』もめちゃくちゃ萌えました!!
(是非とも続きが読みたい…!)

僕らが恋する5秒前〜うぶ恋BLアンソロジー〜 【Renta!限定特典付き】

僕らが恋する5秒前〜うぶ恋BLアンソロジー〜 【Renta!限定特典付き】

かざみ幸『フクロウの恋わずらい』


3月の心洗われたBLマンガ第1位。
マジで浄化された……。

受けは、人間なりたてのピュアなフクロウの獣人くん。
メッッチャクチャ可愛い…!!
人間の姿をしているのに仕草や考え方には動物らしさが残っていて、とても愛らしい。

攻めは、動物園に勤める獣医。

人間 × 元動物のカップリング。
考え方や愛情表現が違うから……想いがうまく伝わらないこともあって、切ない。

人間は余計なことをごちゃごちゃと考えてしまいがちだけど、本当に大事なことはきっととてもシンプル。
フクロウくんの素直な言葉や行動に、ハッと気付かされました。

物語はわりと静かに淡々と進んでいくんですけど、だからこそ動物たちの純粋さが際立って、そこが良いです。

ほかの動物たちとのやり取りにもホッコリできるので、暗い雰囲気はありません。
温かくて優しい物語に癒されたい方にオススメ。

また、絵がとても美しいです。
大ゴマで描かれたフクロウくんの羽・体の模様・瞳などは、繊細でとても神秘的でした。

作画が魅力的なので、画質が少々落ちるRenta!よりは他のストアで購入された方が良いかもしれません。

もう一つは同じ動物園のネコちゃんのお話で、こちらも可愛かったです♥︎


フクロウの恋わずらい【コミックシーモア限定特典付き】

近藤旭『番が幼くなりまして~世話焼きΩのαごっこ~』


近藤旭先生。好きな作家さんです!

シーモア先行配信で4話完結。
他のストアでは、見たところまだ4話まで配信されてなかったです。

いやー、色々と衝撃でした。
あらすじから抜粋しますが、「幼児退行リバオメガバース」ってパワーワードの塊ですよね。
リバ描写があるので、地雷の方は注意です。

攻めが中身だけ幼児退行します。
「見た目は大人、頭脳は子供」って感じでどうなんだろう?と思っていたんですが……
予想外にめちゃくちゃ可愛くて、最高に萌えて、自分で驚きました!!
完全に新しい扉を開きました。

αとしてのしがらみの中で生きる成人男性が、子供になってそれらから解き放たれて、屈託なく笑っているのが愛しすぎる……。

しかも単純に「幼児退行した攻めカワイイ」ってだけじゃなくて、
子供化した攻めと接することで受けの心境が変化していったりと、ストーリーが面白いです。
受けは、倫理観や本能や自分の心、さまざまなものによって感情を掻き乱され葛藤します。

全4話と短いので、展開はかなりギュウギュウ詰めなんですが。
読めてよかったし、コミックス化されたら是非買いたいです!


番が幼くなりまして~世話焼きΩのαごっこ~


2021年3月まとめ

先月はBLコミックスをいつもより多く購入した月でした。

生活があるので(笑)、いつも頑張って我慢してるんですが…!

そのストレスが溜まりに溜まって爆発、タガが外れ、一気に30作品以上購入してしまいました。
超PayPay祭もあったし…(言い訳)

欲しかった本がいっぱい買えるのって本当に幸せですね♥︎




この「月1まとめ」ですが、感想記事を書く練習でもあります(笑)
もう少し気楽に作品紹介できるようになろうと…!


読んではいるのに感想を全然更新できていません…
いろんなことを考え込みすぎて、時間がかかる&手が止まってしまいます。

「このシーンはめっちゃ良かったから触れたい」「でもここをネタバレしたら作品の楽しみが減ってしまう」というジレンマでいつも悩みます。

「情報を書き漏らしたり言葉足らずだったりして、内容が間違って伝わってしまったらどうしよう?」
「拙い文章のせいで作品の魅力が半減して見えたりしないだろうか?」
とか、書くことでマイナスになる可能性をつい考えてしまうんですよね。


感じたことを言語化するのも、昔から得意ではないけど更に苦手になってました。
今まではBL読んでも一人で完結していて、誰かに伝えるという事はほとんど無かったしなぁと。

立派な文章は書けなくても自分なりに感想を書いたり、好きな作品を紹介したりはできるだろうと思っていたんですが
思っていた以上に難しい&途方もない時間がかかってしまっています。


先日、古のオタブロガー時代のブログを読み返してみたんですが、漫画の感想というより、最早実況になっていてパッションだけは凄かったです(笑)

文章痛いし何言ってるかよくわからんけど、コイツめっちゃオタライフ楽しんでんな、っていう(笑)
オタクとして失いかけていた大事なものを思い出せたような気がしました。


そんなパッション&リビドーが伝わるように
これから少しずつ、書く勉強&練習をしていきます!